FC2ブログ

よほど良いノウハウでもない限り5年、10年前のノウハウは通用しない 時代の流れの中で自分自身も成長させる

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ルールを持たず、急騰銘柄に手を出す事は危険!!

ルールを持たず、急騰銘柄に手を出す事は危険!!

株式市場に張り巡らされた、『罠』を知らずに多くの人は株式投資を行います。

あるアンケートによると、
経験半年以内の初心者が目指すパフォーマンスの平均は、『125.7%』、
半年以上の経験者の目指すパフォーマンスの平均は、『42.5%』



この差がわかりますでしょうか?

経験が浅ければ浅いほど、高パフォーマンスを期待し無理な投資を行うのです。
経験が浅ければ浅いほど、短期急騰銘柄や新興市場銘柄の値動きの激しいものに手を出してしまいます。

株式投資に参加するという事は、機関投資家や証券会社のディーラー、外国人投資家やファンドマネージャー達と同じ土俵の上で「ハンディー」無しで戦うということです。

そんなところに、なんの知識も情報も持たないまま参戦したところで「カモ」にされてしまうのは当然と言えば当然のできごとです。

知識や、情報があっても現実はそう甘いものではありません。
その証拠に、私たちよりはるかに株や金融の世界の情報に通じている証券マンやディーラーでも『株』で勝ち続ける事には困難を要します。

超有名なSファンドを見ても、インデックスと比較してホンの数%上回っている事で優秀なディーラーとして評価されている事を見ればわかる事です。


「PERやPBRの低い割安銘柄に投資しろ」という、バリュー投資。
これも知識のうちの一つです。
でも、この先その企業が業績を上げてくる保証がどこにあるのでしょう。
2年も3年も待たされた挙句、結果、バリューのままだった・・・
なんて事になると、限られた資産の有効な活用など出来るはずもありません。






情報もさほどあてにならない、将来にわたって企業がどのように成長するのかを見極める事も難しい、投資の知識もいかせられない・・・。






どうやら、私たちに言えるのは、「株価の動きなどわからい」と考えたほうがよさそうです。

続きを読む
スポンサーサイト


  1. 2007/01/27(土) 03:34:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ifgyhtdhd.blog86.fc2.com/tb.php/19-f00a080c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。